2016年12月9日金曜日

《4.16弾圧》 Bさんも不起訴! 「不起訴処分告知書」を請求しました

4月16日の明治公園強制執行から半年以上が経過しました。Bさんを10日間にわたり不当拘束しておきながら、いつまでたっても処分について連絡を寄こさない検察に対し、弁護士を通じて問い合わせたところ、以下の書面が届きました。

 

「不起訴処分告知書 平成28年11月2日 東京地方検察庁 検察官検事 森中尚志  貴殿の請求により下記の通り告知します。 記 Bに対する強制執行行為妨害被疑事件については、平成28年6月6日公訴を提起しない処分(起訴猶予)をしました。」

ということで、当然のことながら、Bさん不起訴確定です!


※このブログを見てる方の中に、「6月9日」付けの処分であるとの連絡を受けた人がいるかもしれませんが、この場を借りて「6月6日」に訂正します。

2016年5月16日月曜日

《4.16弾圧》 Bさん救援カンパ有難うございます 収支報告

 多くのご支援に支えられ、無事4.16 弾圧Bさんを取り戻すことが出来ました。救援会一同、あらためて感謝申し上げます。
 釈放の時点で若干の赤字が見込まれ、慌てて追加の呼びかけ、ゴールデンウィーク中に開催された集会・デモ等でもカンパを呼びかけさせていただいたところ、予想を上回るご支援をいただき、弁護士費用も無事まかなうことが出来ました。本当に有難うございました。

 以下に収支を報告します。
 余剰金につきまして、今回の一連の弾圧で救援連絡センター所属の複数の弁護士さんにお世話になりましたこと、その反弾圧の取り組みの歴史におおいに助けられたことを踏まえ、救援連絡センターに3万円をカンパさせていただきたいと思います。残額は、渋谷周辺での野宿生活者への生活阻害などへの抵抗活動原資として運用されている「反排除基金」にカンパすることとしました。ご理解いただきますようよろしくお願いもうしあげます。

 救援会はこのほか、3.2弾圧Aさん、4.16強制執行とBさん弾圧の振り返りを行なう中で、あらためてオリンピック弾圧の酷さとその問題点について提起する必要を感じています。2020年に向け予測しうるさらなる弾圧に備えるためにも、救援会の枠組み自体は継続し、このブログも随時更新していく予定です。引き続きのご注目をよろしくお願い申し上げます。


< 4.16 Bさん弾圧救援 収支報告 >

◯収入
振込カンパ 郵便振替・銀行口座(4/16~5/10) 計153,341 円
手渡し預かりカンパ(4/16~5/10) 106,879 円
合計 260,220 円

◯支出
弁護士費用(振込手数料含む) 171,100 円
ビラ印刷代、差し入れ等諸経費 10,370 円
合計 181,470 円

◯残金 78,750 円
30,000円を「救援連絡センター」へ、48,750円を「反排除基金」へカンパさせていただきます。

2016年5月7日土曜日

Bさん勾留理由開示公判 傍聴報告です  2016.4.25(月) 

 
 4月25日、月曜日。快晴。Bさんの勾留理由開示公判がひらかれたこの日、平日にもかかわらず多くの方が傍聴に足を運んでくださいました。東京地裁前に12時結集で、公判に臨むBさん応援、JSCオリンピック仮処分を決定した東京地裁民事部と、Bさん勾留を決定した刑事部への抗議アピール・ビラまき情宣!


※この日「オリンピックによる野宿者追い出しを許さない!一日連続行動」の全貌は、国立競技場周辺で暮らす野宿生活者を応援する有志ブログにて報告予定⇒ 応援する有志リンク


 Aさんの時と同様、またしても430号法廷、たった20席しかない警備法廷のため、救援会では傍聴券の抽選にそなえ13時結集を呼びかけておりました。が、なんと、当日、抽選は13時〆切になったことが判明、、、抽選にまにあわなかった方もおられたことと思います。すみません、、、この場を借りてお詫び申し上げます。
 さらに、今回も明治公園住人や救援会メンバーのために傍聴券をゆずっていただきました。感謝です!

 13時半、勾留理由開示公判、開廷。すでに入廷していたBさん、みんなの顔を見るなりニコニコ、キョロキョロ、うれしそう(「Aと同じだな」との声)。公判直前に保護房に丸一日叩き込まれるというとんでもないことが起こったため、みな心配していましたが、そうした杞憂を吹き飛ばすBさんの明るい表情に、傍聴に入ったみんなもニコニコ。Bさんの後ろには、このかんのJSCによる仮処分攻撃に、ともにガッチリたたかってくれた山本弁護士、戸舘弁護士が控えています。

 担当裁判官は、Aさんの時と比べれば穏やかな印象の人物ではありますが、なるべくさっさと先に進めて終わらせようという姿勢はまるで同じ、というかそれ以上。
 それもそのはず、戸舘弁護士より、「裁判官、あなたは勾留決定をした吉戒純一裁判官ではないですね」・・・・ え、違う人なの? 「発付した吉戒裁判官による開示を求めます」。これにたいしトミタ裁判官、「私でも開示できます」「釈明の必要はありません」「弁護士のご意見はうかがいました」。では、何でも吉戒裁判官の代わりに答えていただけるのか? 

 弁護士による求釈明。山本弁護士から、強制執行2日後の4月18日にようやく届いた「仮処分決定」、そして21日届いた執行官・嘉原正志作成の「仮処分執行調書」に照らし、また民事執行法に照らして、Bさんにかけられた「強制執行行為妨害」容疑が果たして成立するのかどうか、検察が作成した被疑事実の矛盾点について鋭く問うもの。
 これに対し、トミタ裁判官、「釈明の必要はありません」「弁護士のご意見はうかがいました」「関係者の供述、一件記録に基づき判断いたしました」「証拠の存否に関わるのでお答えできません」、、、同じ台詞の繰り返し、、、自動販売機ですか? 

 さすがに途中で戸舘弁護士、「裁判官、まったく理由が開示されておりません。吉戒純一裁判官による開示を求めます」と強く要求。

 山本弁護士による求釈明は、4/16の仮処分強制執行がいかに異例であったかという点について触れ、東京地裁民事9部による決定そのものへの疑義をも提示するものでした。
 「執行の前日に仮処分決定が下され、債務者とされた人たちも、債務者ら代理人も、その決定の内容すら知らない状態で、本件明渡しの断行の仮処分が行われた。このように秘密裏に進行することができる保全処分を「強制執行」に含めることはできないという見解もある(松宮孝明『刑法各論講義(第3版)』448頁)。裁判官は、債務名義の損会いが確定されたわけではない保全執行の場合でも、通常の強制処分と同様に刑法96条の3を適用すべきとの立場にたつのか。」(求釈明書より抜粋)

 勾留の妥当性についての質問には、裁判官、ほんの少しだけ回答。弁護士「居所について、18日に家宅捜査を行なっていますよね?」 裁判官「勾留決定した17日の時点では、居所は不明でした」、ん?言い訳?その後すぐ居所が判明しても10日間拘束していいの?酷いです。
 弁護士「罪証隠滅の恐れというが、『強制執行行為妨害』があったとされる現場は複数の執行官、大勢の警察官が目撃しています。これら関係者にどのように罪証隠滅を働きかけるというのですか?」 裁判官「手段、方法にかかわる部分は回答しません」、弁護士「勾留時17日には、すでに執行官による仮処分調書も作成されています。罪証は抽象的にも存在しないのでは?」 裁判官「弁護士の意見はうかがいました」。はあ、そうですか。大事なところなんだけど。。
 弁護士「逃亡のおそれがあると判断した根拠は? 被疑者(Bさん)は、野宿者がその夜にも必要な荷物の引き渡しを求めたのですよ。その方たちを置いて逃亡するとお考えですか?」 裁判官「冒頭に申し上げたとおりです」、弁護士「黙秘、取調べ拒否といった被疑者の供述態度も判断に含まれるのですか?」 裁判官「一要素となります。意見としては分かりました」、、、つまるところ、勾留を認めた主な理由は、供述態度?

 被疑事実を作文した検察官、意見陳述は「ありません」とひとこと。新人らしき2名を引き連れて、言いたいことはそれだけですか。

 対して、お二人の弁護士からの意見陳述は感動的なものでした。

 まずは山本弁護士、「被疑者は無実であり、勾留理由も存在しません」と力強く断言。保護室収容への抗議、そして、この勾留は、取調べ拒否をつらぬく被疑者に供述を強要するための不当な勾留である、すみやかに釈放せよ、と。

 (ここで耐え切れず、「やることが汚ねえよ!」と発した野宿の仲間に対し、裁判官が退廷を命ずる暴挙。ほんと汚ねえよ)

 また、東京地裁がJSCに仮処分を認めた内容は「土地の明け渡し」であり「テント等の撤去」は含まれない、債務者とされた3名、関係者も被疑者逮捕の2時間前には強制的に敷地から執行官により排除されており、「土地の明け渡し」が逮捕時には完了していたことは執行調書にも明らかであること、むしろその後のトラックによる荷物搬出強行こそ、民事執行法に照らして不適法であること、よって本件逮捕そのものが違法であると、逮捕の背景にある強制執行の問題性についてもきっちり指摘しました。検察官がうなずきながら聞き入っているように見えたのは気のせいでしょうか。

 ※山本弁護士の意見陳述の全文はこちら⇒ 2016.4.25(月) 勾留理由開示公判 弁護士による意見陳述  4/16 明治公園仮処分―強制執行の不適法性が示されています。



 そして、戸舘弁護士からは、まずこの勾留理由開示公判が、憲法34条(「何人も、理由を直ちに告げられ、且つ、直ちに弁護人に依頼する権利を与えられなければ、抑留又は拘禁されない。又、何人も、正当な理由がなければ、拘禁されず、要求があれば、その理由は、直ちに本人及びその弁護人の出席する公開の法廷で示されなければならない」) が要求する手続をあまりに欠いている、人の自由を奪うという極めて重大な人権侵害を行なうに足る理由もまったく示されない、あまりに不当な裁判であり無効である、と。

 また今回、JSCが私人の立場で野宿者に対し申し立てた仮処分は、民事保全法、都市公園法、憲法25条が保障する生存権、国際人権条約に照らしても非常に問題があり、違憲違法の疑いがある。JSCは一切、疎明すらしていない。よって、4/16の強制執行じたいが違憲違法であり、無効であると力強く示されました。
 ※ご参考 必読! 3/24 JSC仮処分申立に対する審尋 弁護士による答弁書 ⇒ 

 戸舘弁護士は意見陳述の最後に、この公判が異様な警備体制のもとで開かれた上、勾留理由が一切開示されない、示されないことは、まさに裁判官が、あらかじめ野宿者運動に対し偏見・蔑視を持っていたことの表れであり、到底容認できるものではないと、ひときわ強く抗議しました。すっかり目が泳いでいる裁判官。

 思わず拍手喝采しそうになるものの、みなグッとこらえて、我慢我慢。。。なぜなら、このあと、いよいよ、Bさんの意見陳述。退廷をくらったら、強制的に裁判所の敷地外にまで追い出されます。Bさんもそわそわと、我慢に我慢を重ねている様子。出番が来たぞ!

 Bさんの素晴らしすぎる意見陳述は、全文を掲載しておりますので 【 リンク:Bさん意見陳述、ぜひご一読ください。いつもののんびり・ゆっくり・明快な口調で、なぜ自らが野宿・日雇労働者の運動に取り組むのか、明治公園のたたかいがこの資本主義社会においていかに光り輝いているか、およそ10分間に渡り陳述。
 
 堂々たる大演説のラスト、「ともにがんばりましょう。ご清聴ありがとうございました。」とBさんが話し終えるやいなや、もう我慢も限界と傍聴席も立ち上がって拍手! 裁判官が「全員退廷」を命じたようでしたが拍手と激励の声にかき消され、みなBさんと笑顔で手を振り合って、またの再会を確認しました。みな映画館で超大作映画を見て出てきたばかりのような、清々しい顔つきだったと思います。

 そして翌朝4/26、Bさん釈放。まともに勾留理由も述べられない裁判官、検察官もさすがに勾留延長はためらわれたのでしょう。当然の結果です。


* * *


4/25 東京地裁前にて


 今回Bさんにかけられた「強制執行行為妨害罪」(刑法96条の3)は、2011年に新設された比較的新しい罪状です。それまでの強制執行妨害罪(96条、96条の2)が「物」(財産)を対象にしているのに対し、「人」(執行官・債権者など)への妨害を新たに含めたことで、強制執行をより円滑に行う、そのために処罰範囲が拡大されたということになります。
 強制執行、それも仮処分による強制執行は、担保金が必要なので(今回JSCは100万円を担保に入れている)、ある程度の金持ちでなければこのような強制手段に訴えることは不可能です。債務者とされた側が、これを阻止するため法的対抗措置をとることはもちろん考えられますが、貧乏人にとって即座に裁判に訴えるのは相当の覚悟がいる、財力のみならず気力・体力・時間的余裕の点からも、非常に困難です。全財産を強制執行で持っていかれるとなった場合、貧乏であればあるほど、体を張って抵抗するしかない、そうせざるを得ない場合がほとんどなのであり、「強制執行行為妨害」という罪状そのものが、貧者の抵抗を犯罪化することで金持ちを利する、という不公正を含んでいるのではないでしょうか?

刑法


第五章 公務の執行を妨害する罪

(公務執行妨害及び職務強要)  
第九十五条  公務員が職務を執行するに当たり、これに対して暴行又は脅迫を加えた者は、三年以下の懲役若しくは禁錮又は五十万円以下の罰金に処する。  

2 公務員に、ある処分をさせ、若しくはさせないため、又はその職を辞させるために、暴行又は脅迫を加えた者も、前項と同様とする。  

(封印等破棄)  
第九十六条  公務員が施した封印若しくは差押えの表示を損壊し、又はその他の方法によりその封印若しくは差押えの表示に係る命令若しくは処分を無効にした者は、三年以下の懲役若しくは二百五十万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。  

(強制執行妨害目的財産損壊等)  
第九十六条の二  強制執行を妨害する目的で、次の各号のいずれかに該当する行為をした者は、三年以下の懲役若しくは二百五十万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。情を知って、第三号に規定する譲渡又は権利の設定の相手方となった者も、同様とする。  
一 強制執行を受け、若しくは受けるべき財産を隠匿し、損壊し、若しくはその譲渡を仮装し、又は債務の負担を仮装する行為  
二 強制執行を受け、又は受けるべき財産について、その現状を改変して、価格を減損し、又は強制執行の費用を増大させる行為  
三 金銭執行を受けるべき財産について、無償その他の不利益な条件で、譲渡をし、又は権利の設定をする行為  

(強制執行行為妨害等)  
第九十六条の三  偽計又は威力を用いて、立入り、占有者の確認その他の強制執行の行為を妨害した者は、三年以下の懲役若しくは二百五十万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。  

2 強制執行の申立てをさせず又はその申立てを取り下げさせる目的で、申立権者又はその代理人に対して暴行又は脅迫を加えた者も、前項と同様とする。  

(強制執行関係売却妨害)  
第九十六条の四  偽計又は威力を用いて、強制執行において行われ、又は行われるべき売却の公正を害すべき行為をした者は、三年以下の懲役若しくは二百五十万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。  

 
(加重封印等破棄等)  
第九十六条の五  報酬を得、又は得させる目的で、人の債務に関して、第九十六条から前条までの罪を犯した者は、五年以下の懲役若しくは五百万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。   





2016.4.25(月) 勾留理由開示公判 弁護士による意見陳述


「強制執行行為妨害」容疑で逮捕され、翌日には10日間の勾留がつけられてしまったBさん。4月25日勾留理由開示公判での、弁護士による意見陳述を全文掲載します。保護房にぶち込むなどBさんに加えられたありとあらゆる人権侵害、不当な勾留決定への抗議はもちろんのこと、4月16日強行された明治公園強制執行の不適法性をもきっちり問い質す迫力の内容です。ぜひご一読を!
 
 






2016年4月27日水曜日

2016.4.25(月) 勾留理由開示公判 Bさんの意見陳述

 4月25日(月)、東京地裁で開かれた勾留理由開示公判における、Bさんの意見陳述を掲載します

 Bさんは冒頭、「みなさん、お元気でしょうか? 疲れていないか心配しています」と傍聴席に語りかけたのち、裁判官に相対し、しっかりとした口調で約10分間にわたり意見を述べました。日本近現代における野宿労働者差別、身分差別を弾劾する、実に感動的なものです。ぜひご一読ください。

 ※「乞食」など、もっぱら差別の意図を含んで使用される文言を含んでいますが、Bさんの主張において、身分差別を弾劾する目的で使用されていることが明白であり、文脈において必要な表現であると判断し掲載します。


【意見陳述】


 私が、なぜ野宿・日雇労働者運動にとりくむのか理由を述べます。

 失業者の存在を前提にして成立している労働市場において、幼少期からの人格支配を通じ私たち労働者は過当に職の獲得競争にさらされています。その反動でか、失業者に対する労働者の間での目線もとても厳しいものがあります。人より一円でも高い所得を得て、一円でも安く商品を買いたいという市民としての感情は、労働市場でも同じ作用をはたらき、自らよりも劣位な条件で就労している労働者の状態に恐怖を抱くことにより、自分の優位というものを確認し、そのことで労働力を再生産せざるを得ないことを、私たち労働者は身をもって知っています。すなわち、資本主義は私たち貧しい労働者を必要とし、そんな私たちの人生は悲惨なものでなくてはならぬと体制は常時圧力をかけつづける。この市民社会とは、私たちを差別する事なしにはやっていけない宿命を背負い、成立してしまっています。ではどうしたらいいのか、これは後で述べます。

 私は、現代において身分制によらない乞食や浮浪者というおこないを一切否定しない立場ですが、一般市民の間では、憎しみすらこめられた、罵倒語です。明治維新後の弾左衛門制度が解体され、それまでの各種業務独占権が市場原理にシフトして、大日本帝国本国人の間での身分性差別は旧穢多身分が住まう地区として奉行などから指定された場所に対する、すなわち部落差別へと変化しました。弾左衛門配下の非人頭、浅草の車善七や代々木の久兵衛などの下に所属していた非人小屋も解散させられ、御用勤めや芸能や物乞いの職を失った旧非人身分や無宿・野非人たちは、貧民窟に合流する等しながら、旧穢多身分らとともに、そして将来的には、アイヌ、沖縄人、朝鮮人、中国人らとともに、人が嫌がるきつい仕事をさせられ、帝都東京の建設を担わされました。被差別身分からならば、露骨に搾取ができる、この構造は弾左衛門制度時代にはなかった様にも思います。それは反逆により弾左衛門の命そのものを危うくした事であろうし、そもそも、資本主義が賃金労働者を搾取して富を集積していく時代が到来したからだと言えると思います。

 つまり現代、少年男性が野宿の仲間を乞食だ浮浪者だと言って襲撃し、延べ平均一年に一人殺されるのは、労働者階級のもつ歴史とその少年が断絶させられたところで起きており、その少年は新自由主義の拡大による格差の拡大の中で、希望をもって労働市場に参加する事ができないから、だから野宿の仲間を襲うのだと思います。私はそれは、襲撃少年が抱える自立という概念へのジレンマによるものだと思います。少年男性から成年男性になるに当たって、身分が高い職は、コネがあったり高学歴の少年が全てもっていってしまうが、自立せねばならない。所得が低いと、結婚し家長になることもできない。では自立とは何かという無理難題を押しつけられたとき、市民社会の中で自立更生の対象とされている、野宿の仲間。市民が差別する野宿の仲間が少年と同じ地域で生活しています。まさにスケープゴートです。

 失対労働者に対する国のネガティブキャンペーンによる失業対策事業の打ち切り、それによる全日自労の解体、国労組合員に対するネガティブキャンペーンによる国鉄民営化と総評の解体、これら労働者が自身の階級の歴史から切り離されていく国策に比例して、野宿者襲撃事件が増大してきたことも、見過ごすことはできません。

 東京五輪は私たち労働者解放の願いに何ら寄与するものはありません。戦前、富国強兵と国威発揚のための幻の東京五輪の誘致のために、江東区枝川へと朝鮮人バラックが強制移転させられ、戦後建設され街のシンボルとなった朝鮮学校に「土地を明け渡せ」と迫った当時知事であった石原慎太郎氏は、今回の東京五輪誘致の立役者です。オリンピックで景気が良くなり日本が元気になるという幻想をふりまく復古主義右翼、その尖兵であるJSCによる仲間の住居に対する強制執行を私は、怒りをこめて徹底的に弾劾します。たとえ2020年に東京五輪開催が強行されることになったとしても、その聖火リレーは、私たちの世界中の仲間による抗議の渦につつまれて、徹底的に妨害がされるでありましょう。団体交渉での合意事項を一方的に破棄し、話し合いを拒み続け、なりふりかまわず仲間に襲いかかったJSCを絶対許すことができません。

 そんな極悪非道、悪魔最悪JSCに、反撃する仲間のみなさんの様子を弁護士から聞いて、私は励まされています。外苑前を埋め尽くすスワローズファンに向かって、懸命にビラを手わたす姿や、JSCの門前で職員にシュプレヒコールを叩きつける姿、裁判所前で炊き出しをしたり、公園でみなでメシを食う姿を目に思い浮かべると、この闘いこそが、日本労働者階級の解放への筋道を指し示す闘いであるという確信が胸に込み上げてきます。生存権を否定するカリコミ特措法であるホームレス自立支援法にいまだに幻想を抱いている、労働者運動を装った職業活動家集団やJSC・役人・市民などから「自立をしろ」などというお説教をされるいわれは私たちには更々ないのです。

 この大失業時代において、明治公園現地は、競争に疲れ果てた労働者同士が、出会い直し、労働者としての尊厳を取り戻す場として、老若男女、出自も身分も所得もちがう様々な人間が集う、色彩ゆたかで人情あふれる場所として、閉塞感に覆われた東京の中で、光り輝いています。そこに一歩足を踏み入れると、人が人を搾取することのない社会を展望することができ、仲間とつながることで差別と闘う事ができるのだという元気がわいてきて、世界中の仲間に会いたくなります。明治公園から世界が見える、このせちがらい東京の中でのまさに革命の聖地と言える場所だと思います。そんな素敵な場を育んでくれた明治公園のみなさんに、心からの感謝を込めて、私の意見とかえさせてもらいます。

 ともにがんばりましょう。ご清聴ありがとうございました。

あと一息... Bさん救援カンパをお願いいたします

既報のとおり昨日4月26日(火)、Bさん釈放をかちとることが出来ました。
さらに10日間の勾留延長を許さずぶじBさんを取り戻すことが出来たのは、ひとえに、多くのみなさんがご注目、ご支援くださった結果です。
救援会一同、心より感謝申し上げます。本当に有難うございます!

といいつつ、すみません、度重なる弾圧に、救援カンパが約4万円、現時点で足りていないことが判明。。。

いまひとたびのご支援をお願いしたく、呼びかけさせていただきます。
5月10日(火)までの受付となります。

たいへん心苦しいかぎりではありますが、今一度ご支援のほど、どうぞよろしくお願いいたします。


【救援カンパ 振込先】

 みずほ銀行渋谷支店(普)9095210 「のじれん」
 郵便振替口座 00160--33429 「渋谷・野宿者の生活と居住権をかちとる自由連合」
 ※「救援」の旨明記ください。
 ※ 明記が難しい場合、カンパ額の一桁目を「9円」にしていただくとたすかります。例)1009円 

<連絡先>

オリンピック強制排除について
 国立競技場周辺で暮らす野宿生活者を応援する有志
   メール 
noolympicevict@gmail.com   ブログ http://noolympicevict.wix.com/index#!g/u1ok7
   ツイッター https://twitter.com/noolympicevict

Bさん救援について
 オリンピックによる野宿者追い出しを許さない 新国立競技場3.2-4.16弾圧救援会    
   メール shin.kokuritu.danatu@gmail.com   ブログ http://oidashisuruna.blogspot.jp/
   ツイッター https://twitter.com/reclaimmpark

A君、B君を迎えに行くの巻  ~ 4月26日(火) Bさん釈放ドキュメント

 4/16明治公園での強制執行で荷物の返還を求める中で不当逮捕されたBさん。
  ※詳しくは
抗議声明事実経過
 
 不当逮捕から10日目、勾留満期前日の4/25(月)、東京地裁にて勾留理由開示公判が開かれた。
 裁判官や検事が勾留理由開示公判を嫌がり、公判当日に釈放となるケースも多々あり、若干期待していたが、公判前地裁接見も入り、これは勾留延長も付き20日コースかなと思われた。
  ※Bくんも勾留理由開示公判当日の午前は釈放も有り得るとそわそわしていたようである。

 勾留理由開示公判では山本弁護士、戸舘弁護士から被疑事実の根拠となる仮処分、強制執行が数多の違法性が指摘され、裁判官の顔を引きつらせた。

 Bくんの意見陳述は堂々たるもので、涙を誘った。
 救援会と弾圧に怒る仲間で法廷の内外を埋め、徹底的に争う姿勢を示し、権力側を圧倒した。
  ※弁護士さん、Bくんの意見陳述は近日公開

 これは1回目の勾留満期4/26(火)の釈放も有り得るのではないか?
 勾留理由開示公判を終え報告会の中で、釈放の可能性が再度話された。

 そうすると問題が持ち上がった。Bくんは靴が片方しか入っていない…
 4/16逮捕当日、Bくんの靴は高く宙を舞い、片方の靴は現場に残された。
 釈放となると片足、裸足で帰って来なければならなくなる…
  ※かつて拇印を押さなければ靴は返却しないと挑発され、靴を投げつけ両足裸足で釈放になった仲間もいた…
 
 片方の靴は救援会で回収して、差し入れなきゃねと話し合われていたものの、連携が噛み合わず差し入れをすっかり忘れていたのだ…

 これはマズい…どうするか…相談した結果、勾留満期の朝、弁護士さんから検事に問い合せを入れてもらうことに。
 
 釈放がわかれば、すぐさま届けよう、これで釈放になっても問題ない。
 まあ政治弾圧は20日満期覚悟だ、釈放を期待するとガックリくるしねと
普段通りの朝を過ごしていると10時、3.2弾圧当該のAの携帯に弁護士さんより電話。

 「Bさん釈放だって、手続きがあるから昼ぐらいになるかも」

と連絡。すぐさま救援会、明治公園、山谷と関係者に連絡を回し、「靴を届けてくるよ」とA。手回しの良い有志によって、既にBくんの靴は袋に入っている。
 どうせなら拡声器もと、自転車に積み一路、原宿署へ。
 

 釈放の前日には留置所に釈放の連絡が伝わっている節がある(かつて釈放前日に翌日の自弁=自費購入昼食を注文したら断られたことあり)が、ギリギリまで当人には伝えられない。
 急に荷物をまとめろ、ロッカーの荷物を出せと言われ釈放となる。
 
 出迎えに向かったAは、原宿署前の路上からBの収容房に向け、「401号(Bくんの留置番号)聞こえるか、釈放やぞー」と拡声器で伝えようと企んだ。
 留置官はギリギリまで釈放の伝達を伏せているところを、外から伝えると、面目を潰すことになる。
 
 そんなことを企んでいたが、これで釈放が伸びると悪いなと思い直し
先に靴を差し入れることに。

 原宿署1階ロビーの受付に「401号に差し入れ」と伝えると、なにやら内線で連絡を取り「案内が来るので、ソファーで待つように」との指示。

 待てど暮らせど案内がやって来ず、「どないなっとるんや」と問い質すと
「留置が立て込んでいるので、もう少し待て」と受付。
 痺れを切らし、「差し入れの妨害すなや、4階やろ、案内いらんわい」と受付の制止を振り切り、階段で4階へ。
 4階に上がるとエレベーターホールの椅子に背広の公安刑事が3名。
 Bくんに取り調べを拒否された公安刑事がハイエナのように、Bの出房を待ち構えている。

 Aは「401号に差し入れや、釈放やろ、聞いとるんや」と差し入れ受付カウンターに靴を置く。
 差し入れ受付担当は衝立の後の上司に「どうします?」と確認。
 「分かった分かった出すから」とBくんをすぐ出すと。
 
 受付カウンター向かいの喫煙室に入り、一服し、ガラス越しに留置所扉を眺め待つ。
 ものの5分で扉が開き、留置所貸し出しのグレーのスウェット(トメ)に身を包んだBくんの姿。喫煙室の扉を開け「よぉ、おかえり!靴持ってきたぞ」と声をかけると、目を丸くするBくん。
 
 驚きつつ靴を受け取り、「タバコ吸わせて」と喫煙室に入り、タバコを受け取るBくん。付き添っていた留置官5名が焦り「コラやめろ、後にしろ」と怒鳴り、喫煙室に雪崩れ込む。

 「おら、釈放やろ。自由の身や、偉そうに制限かけんなや」と喫煙妨害をブロックし、Bくん11日ぶりの一服。
 留置官5名はどれもAの3月留置で馴染みの顔ぶれ、「久しぶりやんけ」と声をかけると、留置官苦笑。

 Bくんは差し入れ品や預かり品の引き渡し書類手続きや、着替えがあるので、「下で待ってるで」と原宿署玄関へ。
 
 玄関先でBくんを待っていると、出迎えが気に食わないのか原宿署署員がワラワラ10名ほど出てくる。即座にビデオカメラを向けると、柱の陰に隠れる原宿署警官。

 せっかくなので拡声器を取り出し、原宿署に向け抗議情宣開始。

 原宿署留置所での拷問、虐待。警視庁保護室での死者など数々の悪事を暴露すると、警官が怒鳴り散らし抗議情宣を妨害。無視し抗議を続けると、道行く観光客が足を止め話に聞き入る。

 「出迎えやろ、静かにしろ」と原宿署警官。
 「出迎えと抗議行動や、邪魔すんな!今日は留置に抗議や、捜査は黙ってろ、介入すんな」と大騒ぎ。
 そんな中、Bくんが玄関口に。
 「おっかえり、さ、さ、釈放一発かましてくれ」とBくんにマイクを渡すと、「寝起きなんやけどなぁ」と言いつつマイクを受け取り (釈放はないと朝食後、昼寝していたそう)、どっしりとした怒声が原宿署のビル全体に響き渡る。

 慌てた原宿署員、公安が取り囲む。
 「無実の罪で11日間、自由を奪っておいて、偉そうにすなや」
 「まずは誤認逮捕ごめんなさいやろが」
と警視庁・検察の悪事を大音響で暴露。

 一緒に出迎えに来た明治公園住人の仲間が飄々と「わぁ無実なのに、酷いわねぇ」と煽る煽る。さらに大騒動、原宿署てんてこ舞い。
 最後に「バッカヤロー」の弾劾を叩きつけ、「兄貴そろそろ行きますか」で颯爽と引き上げ。
 政治弾圧なぞで潰されない、無駄ムダ。
 弾圧かければ悪事をしっかり騒ぎにし暴露すること。

 明治公園被弾圧コンビABでしっかり実践してきました。
 勾留しても保護房実状暴露、釈放しても大騒ぎ、社会運動を妨害介入すると面倒だぞと、おまわりの脳裏に刻む。

 
 3.2弾圧A、4.16弾圧B、共に元気です。

 4.16強制執行で住居を潰された明治公園住人も、即日住居再建で元気です。

 AB奪還で次は、暴挙を強行したJSC、東京地裁、執行官への徹底追及の反転攻勢です。

 今後とも意気の良い運動を展開してまいります。ご注目を。合流を!
 救援協力ありがとうございました。

                      (文責:3.2弾圧当該A)

 

2016年4月25日月曜日

Bさんが「保護房」に丸1日監禁された件で、弁護士より原宿署に対し抗議文が提出されました


 勾留理由開示公判を目前に控えたBさんが「保護房」に叩き込まれ監禁された件の続報です。
 4月23日(土)当日夜と本日24日(日)に弁護士が駆けつけ、監禁中のBさんと接見。そして、監禁から丸1日が経過した本日24日午後、ようやくBさんが「保護房」から解放されたことが分かりました。まずは安堵。保護房送りにもめげずに弁護士接見を要求したBさん、そして即座に駆けつけてくださったお二人の弁護士の尽力によるものです。本当によかった。
 夜には、弁護士から原宿署に対し抗議文が提出されました。Bさんが外からの激励の声に応えようとほんの一度だけ声を上げたことをもって、大勢の警察官に無理矢理ひきずりだされ「保護房」に入れられた経緯、さらに、監禁中に起こったいやがらせの数々についても徹底的に追及する内容です。ぜひご一読ください。
 それにしても、原宿署の留置担当官、至近距離で威圧しながら幼児口調で「ああ、坊ちゃん、坊ちゃん、何かしゃべってみまちょうね~」とか、いったい何をやってるんでしょうか警察は。
 本抗議文は、明日25日の勾留理由開示公判を前に、担当検察官および裁判所にも提出される予定です。

 










 
 

2016年4月24日日曜日

原宿署がまたしても暴挙!Bさんが「保護房」に叩き込まれました

 4月23日(土)夕方、弁護士の元に、Bさんが接見を求めていると原宿署から連絡が入りました。夜遅くに駆けつけた弁護士を通じて、なんとBさんが「保護房」に入れられていることが判明。Aさんがやられたような拘束具は使用されていないようですが、寝具もなく電気が付けっぱなしで、眠れない状態を強いられているとのこと。理由は23日午後、外にいる私たちが開催した現状報告会の後に、参加者で原宿署を訪れ激励行動を行なった、それにBさんが呼応したことが問題だと。なぜそんなことが懲罰対象になるのかまったく意味不明です。中と外を分断させる悪意以外の何物でもなく、勾留理由開示公判を2日後に控えたBさんに対する嫌がらせでしかありません。原宿署はただちに保護房からBさんを出せ!また続報します。ご注視お願いします。

【4月23日現在】 4.16弾圧 事実経過

 明治公園野宿者強制執行、そしてBさん不当逮捕から1週間が経過。Bさんの置かれている状況についてご報告します。

 Bさんは4月16日(土)当日、管轄署である四谷署に連行されたのち、(四谷署が改装中との理由で)原宿署に移送され、留置されました。その最初の接見で判明した驚きの事実が・・・。Bさんが現場で警察車両に無理やり押し込められたさい、強制執行の下請け業者らしき作業服姿でソフトモヒカン頭の男性が1名、公安警察の要請で警察車両に同乗したことが分かりました。さらに、この人物は、原宿署に到着後、留置前強制身体検査の場にまで同行、なんと、Bさんと並んでの写真撮影が行なわれたと... 一体どういうことなのか? 警察以外の人間が身体検査の場にまで来るなどといったことがありうるのか? 当日、強制執行に抗議する私たちを次々と暴力的に排除した、中でも際立って暴力的だったのが黄色い腕章をした下請け業者「法生社」の作業員たちでした。そのうちの一人と思われる人物が、文字通り丸裸にされる身体検査の場に同席などありえない、あってはならない... 真相は藪の中です。

 Bさんは現在、元気に黙秘・取調べ拒否でがんばっていますが、全身に無数の痣すり傷と痛みを訴え初日に診察を要求。当初警察は「名前も分からない、保険証もない、そういう人を普通医者は診ない」と拒否。重ねて要求し、何とかその日のうちに警察病院に行くことができましたが「打撲と言われただけ」「診断書は黙秘だと出せないと言われた」とのこと。当日の執行官と屈強な作業員、さらに大量に動員されたアルソック警備員、警察・公安による抗議者排除は凄まじいものでした。中でもBさんに加えられた暴行は相当に酷かったはず。そもそも「黙秘」も「受診」も被疑者の権利です。にもかかわらず、こうした警察・病院の対応はたいへん不当であり許しがたいものです。

 逮捕翌日の17日(日)には、Bさんに早くも10日間の勾留が決定されてしまいました。現行犯逮捕であり、強制執行は遂行されてしまっているのに、さらに10日間も勾留する必然性があるでしょうか? そうして身柄を不当に拘束しておく中で、Bさんに対し相次ぐ人権侵害が現在進行形で起こっている状況を到底許すことはできません。17日には加えて、 何社もの大手全国紙とテレビ局一社が、個人情報をさらす形で逮捕報道をしました。3.2Aさん不当逮捕(3月22日釈放)と同様、公安警察の見解がそのままに垂れ流されています。そこには、背景にあるJSC(日本スポーツ振興センター)による野宿者排除の問題性にはまったく触れられておらず、極めて一方的な内容です。

 今回のBさん弾圧は、何がなんでも新国立競技場建設を強行したいJSCが、オリンピックの名の下に国家権力をフル動員して野宿住人を強制排除した、その過程で引き起こされたものであり、3.2Aさん弾圧と連続した明治公園野宿者弾圧であることは明白です。私たち救援会は、「新国立競技場3.2-4.16弾圧救援会」として引き続きBさん救援に取り組みます。暴力的に寝場所を奪われてしまった野宿住人の生活再建に、Bさんの存在は不可欠です。

 Bさんを一刻も早く取り戻す。
 既報のとおり、勾留満期を迎える直前の4月25日(月)に、Bさんの勾留理由開示公判が開かれます。

 25日当日は、昼・東京地裁~公判~夕方・JSC行動と、連続行動を打ちます。
 大結集を呼びかけます。参加可能な時間帯に来ていただくのでも充分ありがたいです。
 また、救援カンパによるご支援を重ねてお願い申し上げます。九州・熊本で大震災の最中にあり心苦しいかぎりですが、ご協力どうぞよろしくお願いいたします。



4月25日(月) オリンピックによる野宿者追い出しを許さない!一日連続行動
正午》 

 勾留理由開示公判直前 
 Bさん激励と仮処分決定・不当逮捕勾留に抗議!東京地裁前 情宣
  12:00 集合 東京地裁前

午後》 

 Bさんが出廷します! 勾留理由開示公判 決定
  東京地裁 430号法廷(警備法廷)
  13:00 集合 傍聴の説明 打ち合わせ
  傍聴券配布 13:10ころの見通し
  13:30 開廷  弁護士による求釈明、Bさん意見陳述
  ※終了後、報告会とメシ 

夕方》 

 JSC(日本スポーツ振興センター)に大抗議!!!
  17:30 JSC仮事務所前 集合
  (港区北青山2-8-35 秩父宮ラグビー場前 メトロ銀座線外苑前徒歩3分 
http://tiny.cc/d6ss9x

4月25日(月) Bさんの勾留理由開示公判に大結集お願いします! オリンピックによる野宿者追い出しを許さない!一日連続行動

4月25日(月) オリンピックによる野宿者追い出しを許さない!一日連続行動



正午》 

勾留理由開示公判直前 
Bさん激励と仮処分決定・不当逮捕勾留に抗議!東京地裁前 情宣
  12:00 集合 東京地裁前

午後》 

Bさんが出廷します! 勾留理由開示公判
  東京地裁 430号法廷(警備法廷)
  13:00 集合 傍聴の説明 打ち合わせ
  傍聴券配布 13:10ころの見通し
  13:30 開廷  弁護士による求釈明、Bさん意見陳述
  ※終了後、報告会とメシ 

夕方》 

JSC(日本スポーツ振興センター)に大抗議!!!
  17:30 JSC仮事務所前 集合
   港区北青山2-8-35 
秩父宮ラグビー場前 
  メトロ銀座線外苑前徒歩3分 http://tiny.cc/d6ss9x

2016年4月22日金曜日

【速報】4.16弾圧 Bさんの勾留理由開示公判、決定!(4月25日 東京地裁) と 4月23日(土)緊急報告会のお知らせ  

4.16弾圧 Bさんの勾留理由開示公判、決定! 

 4月25日(月)13時30分~ 

 東京地裁  430号法廷
オリンピックで新国立競技場計画ゴリゴリごり押し  日本スポーツ振興センター(JSC)が明治公園野宿住人に仮処分攻撃!強制執行!!Bさん不当逮捕!!!大結集を!

※ 公判開始前に東京地裁前にて街頭アピール、公判終了後に報告会を持つ予定です。詳細決まり次第当ブログにてお知らせします


そして、急ではありますが、明日4月23日、

明治公園強制執行&不当逮捕 現状報告会 
やります!

4月23日(土)13時~ 
場所:明治公園こもれびテラス

※4月10日のデモ解散地(参考URL;地図あり)、旧日本青年館向かい、霞ヶ丘アパート横  
 最寄り駅 メトロ銀座線「外苑前」駅、都営大江戸線「国立競技場前」駅、JR「信濃駅」「千駄ヶ谷」駅

救援会からもBさんの置かれている状況などご報告させていただきます。ぜひいらしてください

《3.2弾圧》 Aさん救援カンパ有難うございます 収支報告

3.2 Aさん弾圧救援にさいし多くのカンパを寄せていただき本当に有難うございました!

おかげさまで20日間に及ぶ不当な長期勾留による分断を乗り越え、勾留理由開示公判にも全力で取り組むことができました。
以下に収支を報告します。皆さんのご支援にあらためて感謝申し上げます。

余剰金につきまして、Aさん勾留中に始まった民事事件―JSC・東京地裁民事9部による仮処分攻撃・4.16強制執行と、打ち続く明治公園野宿者強制追い出しにかかる弁護士費用がすでに相当額にのぼっており、これに全額を充てさせていただきたいと思っております。ご理解のほど、よろしくお願いもうしあげます。

そして、救援会はひきつづき、4.6強制執行の際の不当逮捕―Bさん弾圧に全力で取り組んでおります。

早期奪還に向け、Bさん弾圧救援に再度のカンパを呼びかけます。どうかいま一度、ご協力ご支援いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。




< 3.2 Aさん弾圧救援 収支報告 >

◯収入
振込カンパ 郵便振替・銀行口座(3/3~4/8) 計324,018 円
手渡し預かりカンパ(3/3~3/17) 123,419 円

合計 447,437 円

◯支出
弁護士費用(振込手数料含む) 223,240 円
ビラ印刷代、差し入れ等諸経費 6,432 円

合計 229,672 円

◯残金 217,765 円
全額を、明治公園野宿者への仮処分強制執行にかかる弁護士費用等に充てさせていただきます

2016年4月19日火曜日

4.16弾圧抗議声明ビラと救援カンパ口座 Bさん救援にご協力お願いいたします

Bさんを返せ! 4月16日の明治公園強制執行、Bさん不当逮捕についての抗議声明ビラが出来ました。

以下URLよりダウンロードできます。大拡散!ご協力をお願い申し上げます。
 
 
 
【救援カンパ】
一刻も早くBさんを取り戻すために支援と連帯をお願いいたします!

 みずほ銀行渋谷支店(普)9095210 「のじれん」
 郵便振替口座 00160--33429 「渋谷・野宿者の生活と居住権をかちとる自由連合」
 ※「救援」の旨明記ください。
 ※ 明記が難しい場合、カンパ額の一桁目を「9円」にしていただくとたすかります。例)1009円 

<連絡先>

オリンピック強制排除について
 国立競技場周辺で暮らす野宿生活者を応援する有志
   メール noolympicevict@gmail.com
   ブログ 
http://noolympicevict.wix.com/index#!g/u1ok7
   ツイッター https://twitter.com/noolympicevict

Bさん救援について
 オリンピックによる野宿者追い出しを許さない 新国立競技場3.2-4.16弾圧救援会    
   メール shin.kokuritu.danatu@gmail.com
   ブログ 
http://oidashisuruna.blogspot.jp/
   ツイッター https://twitter.com/reclaimmpark


2016年4月16日土曜日

【声明】 明治公園に暮らす野宿者へのオリンピック強制執行、Bさん不当逮捕に抗議する 2016年4月16日

明治公園に暮らす野宿者へのオリンピック強制執行、Bさん不当逮捕に抗議する
2016年4月16日

<野宿者に強制執行、強行!>

 本日4月16日早朝7時、明治公園に暮らす野宿者のテントに東京地裁の執行官約25名が押し寄せ、強制執行が抜き打ち強行されました。JSCが申し立てた土地明け渡し仮処分申立に対し昨日15日決定を出したこと、荷物は豊洲の倉庫に強制移動する旨を口頭で告げるやいなや荷物をまとめ退去するよう命令。猶予はわずか20分。実際には15分も待たずに、中にいた数名が次々と複数の執行官に取り押さえられ押し出される形で強制的に公園の外へ追い出されました。野宿者の生活通路として唯一確保されてきた出入り口は、その時点で大勢のアルソックの警備員によって封鎖され、急報に続々と駆けつけた人々とも物理的に遮断された状態でした。中の様子もわからず、立ち会いすら出来ない状態でトラック5台が園内に乗り込み、野宿者の命の砦である小屋・テント、生活物資・荷物、応援する有志が置いていた所有物、共有物のすべてを持ち去っていきました。


<東京地裁の仮処分決定に抗議する>

 東京地裁民事9部は今回、野宿者3名が明治公園の敷地のほぼ全域を占有しているという実態とあまりにも異なるJSCの主張を鵜呑みにし、元明治公園=都有地を無償で貸与されたというだけの立場に過ぎないJSCに「土地を明け渡せ」などという前代未聞の決定を下したことになります。JSCが強行する新国立競技場、まだ基本設計すら出来ていない競技場建設工事着工を理由にしたところで、野宿者に対するJSC仮処分申立にはまったく理がないことを、3月24日の審尋で私たちは代理人弁護士とともに司法に問いました。東京地裁はその後の問い合わせに4月1日に担当書記官が変更となったことのみ返答。特別送達を持って通知する、それ以外は一切答えられないと、一方的に債務者と名指しされた野宿当事者がこうむっている精神的苦痛にさらに塩を塗るような返答をくりかえし、答弁書への回答はおろか、仮処分決定が下されたことも知らされないまま、本日、強制執行に着手しました。
 通常は仮処分決定ののち執行手続きがとられるはずが、決定の翌日それも早朝に大勢の警備を用意しての強制執行を行ないえた事実に今回の司法判断そのものへの疑念、不信感をぬぐえません。裁判所が徹頭徹尾、JSCを利する側に立ったことは明らかであり、オリンピックを理由にした野宿者の生存を脅かす強制排除にあろうことか司法が手を貸した事実を決して許すことは出来ません。


<荷物を返せ!生活を返せ!>

 今回の強制執行で、明治公園に暮らしてきた野宿者は、JSCの強権発動により生活基盤を丸ごと奪われました。
 私たちは荷物の取り返しと生活再建に全力で動くと同時に、JSCそして元明治公園敷地を所管する東京都オリンピック・パラリンピック準備局への広範囲からの抗議集中を呼びかけます。野宿者への仮処分を絶対に許しません。社会基盤の欠けた状況下、何もない中から自力で生活を立て直し生き抜いてきた明治公園野宿住人は、応援する有志とともにJSCに対し、脅迫まがいの退去強要ではなく現地住人の意に添う誠実な話し合いによる解決を求めてきました。7回もの団体交渉を持ち「話し合いで解決していく」「強制排除をしない」「人の暮らしている間は工事はしない」等の合意事項を結んできました。
 しかしJSCは昨年7月の新国立競技場計画「白紙撤回」以降、工事計画変更に関しても連絡を一切怠り、昨年12月になって住民説明会の場でこれまでの合意事項について「引き継いでいない」と一方的に反故にした上、今回の仮処分申立により、裁判で争う以前に野宿者の生活基盤そのものを強権によって奪いとるという究極の強制排除を実行しました。これらは、憲法25条、ホームレス特別措置法にさえ明確に反する上、国際人権規約そしてIOC(国際オリンピック委員会)オリンピックムーブメント・アジェンダ21にも違反します。このことについて、明治公園野宿住人はこのかん、JSCのみならず東京都オリンピック・パラリンピック準備局及びスポーツ庁に対し申し入れを行なってきました。しかしそうした関係行政すら今回のJSCの暴挙を見過ごし、強制排除を事実上容認したことに私たちは抗議します。


<不当弾圧に抗議する!Bさんをただちに釈放しろ>

 そして許しがたいことに、この強制執行の過程で、私たちの友人であり、明治公園に暮らす野宿生活者を応援する有志の一人であるBさんが不当逮捕されました。9時40分頃、野宿者が命をつないできた全財産である荷物を積みこんだトラックがゲートから出るその瞬間、動員された数え切れないほどの警察官、警備員が私たちの抗議を暴力的に阻みました。次々と道路向かい側まで引き摺り出される混乱の中で、Bさんに3人の執行官が襲い掛かり、警察車両に押し込め連れ去りました。現在、原宿署に不当に勾留されています。
 Bさんにかけられた容疑は「強制執行行為妨害」です。野宿住人に対し、土日は荷物の引き取りは出来ない、月曜に遠方の豊洲まで取りに来いと言い放った執行官に抗議し、荷物、中でも路上の夜間の寒さから命を守る毛布等は今晩にも必要だとして、直ちにこの場で引き渡すよう要求したBさんの行為はまったくもって正当です。
 民事執行法は168条において、
「5 執行官は、第一項の強制執行においては、その目的物でない動産を取り除いて、債務者、その代理人又は同居の親族若しくは使用人その他の従業者で相当のわきまえのあるものに引き渡さなければならない」、「6  執行官は、前項の動産のうちに同項の規定による引渡し又は売却をしなかったものがあるときは、これを保管しなければならない」 としています。
 再三の引き渡し要求にもかかわらず、荷物を強引に持ち去るという違法行為をはたらいたのは、他ならぬ執行官です。今回、持ち去られた荷物の中には、野宿住人の生活や稼ぎに必要な道具一式、身分証明書など大事な物も含まれていました。Bさんや応援する有志の私物もたくさん持ち去られています。
 その場で引き渡さねばならないはずの荷物を運び出す時間も満足にとらず公園から強制排除し、荷物を持ち去った執行官及びJSCの違法行為を、私たちはBさん同様、決して許すことは出来ません。Bさんを一刻も早く取り戻すための救援活動を開始します。ご協力ご支援をお願いします。

                                                                                   
  2016年4月16日

           明治公園野宿住人
           国立競技場周辺で暮らす野宿生活者を応援する有志
           新国立競技場3.2-4.16弾圧救援会    



<連絡先>

★オリンピック強制排除について
 国立競技場周辺で暮らす野宿生活者を応援する有志
   メール noolympicevict@gmail.com
   ブログ http://noolympicevict.wix.com/index#!g/u1ok7
   ツイッター https://twitter.com/noolympicevict

★Bさん救援について
 オリンピックによる野宿者追い出しを許さない 新国立競技場3.2-4.16弾圧救援会    
   メール shin.kokuritu.danatu@gmail.com
   ブログ http://oidashisuruna.blogspot.jp/
   ツイッター https://twitter.com/reclaimmpark


【救援カンパ】
一刻も早くBさんを取り戻すために支援と連帯をお願いいたします!

 みずほ銀行渋谷支店(普)9095210 「のじれん」
 郵便振替口座 00160-1-33429 「渋谷・野宿者の生活と居住権をかちとる自由連合」
 ※「救援」の旨明記ください。
 ※ 明記が難しい場合、カンパ額の一桁目を「9円」にしていただくとたすかります。例)1009円 

2016年4月12日火曜日

それでも”報道機関”か! マスメディアは、警察情報の垂れ流しをしたことを猛省せよ!!

 「新国立競技場3.2弾圧」では、マスメディアによる人権侵害がまた繰り返されました。

 3月8日の「新国立競技場3.2弾圧 事実経過(3月7日現在)」でも触れた通り、今回のAさんの不当逮捕では、逮捕当日の3月2日に、NHKと民放各社の取材クルーが原宿署前で待ち構えて撮影を行い、Aさんの名前と容姿を垂れ流しました。
 テレビのニュースで報道されたのは、主に3月2日の昼です。これは、Aさんが同日午前8時過ぎに路上で不当に逮捕され、その後、原宿署に移送された時間から計算すると、3時間たらずでオンエアされたことになります。

 テレビ報道のニュース映像は、映像の編集作業だけでなく報道内容の確認作業やアナウンサーが読む放送原稿の準備、画面のテロップなども併せて製作されます。分業制をとっているとはいえ、作業にはそれなりの時間がかかます。
 したがって、取材内容を短時間でオンエアする場合は、事前に報道内容の方向性が決められているケース多く、今回のケースでは、後述するような警察の筋書きに沿った報道がなされたといって間違いありません。
 各局がAさんに関する報道を短時間に集中して流したのは、「オリンピックに反対する極悪人」という決めつけをして、世間にマイナスイメージを植えつける印象操作が目的であり、極めて悪質な行為といえます。

 一方、新聞報道はどうでしょうか。
 読売新聞、毎日新聞、日本経済新聞、東京新聞が3月2日当日の夕刊で、朝日新聞と産経新聞(産経は夕刊が無い)は、翌日の朝刊で報じています。いずれもAさんの名前を出しています。
 新聞紙面だけでなく、新聞社や通信社のWebサイトでも一斉に報道されました。
 朝日、読売、毎日、日経、産経、東京(中日)および、共同通信、時事通信のWebサイトでは、テレビニュース同様、昼の12時前後に報じています。さらに、共同通信から記事配信を受けているブロック紙や地方紙のWebサイト、時事通信から記事配信を受けているネットメディアもほぼ同時刻に記事を掲載しています。

 このほかにもラジオでは、少なくともNHK第1の昼のニュースで報道されたことを、私たちは確認しています。

 今回の報道で、マスメディアはAさんの名前や容姿を出す必然性があったのでしょうか?

 報道の時点で、Aさんは単なる被疑者にすぎず、結局、起訴もされませんでした。刑事被告人ですらない一個人の名前や容姿を、こぞって報じるのは、メディアリンチ以外の何物でもありません。
 比較のために例を挙げると、昨年5月28日の経産省前での不当逮捕では、産経新聞が3人のうちのひとりをツイッターのハンドルネームで報道した以外は、名前を出したメディアはありませんでした。同様に昨年9月16日の戦争法案反対デモの国会正門前での不当逮捕でも、「男12人、女1人の計13人」のように名前を伏せて報道されています。

 Aさんの名前や容姿を垂れ流したマスメディア各社および、記事を掲載したネットメディアにあらためて抗議します。

●各社の報道内容は警察発表の引き写し
 今回のマスメディア報道が異常と感じるのは、テレビ、ラジオ、新聞、ネットメディアが一斉にAさんの逮捕を報じた点です。記者クラブに属さない週刊誌各誌は、タカ派といわれる「週刊文春」や「週刊新潮」でさえ、まったく取り上げていないこととは対照的といってよいでしょう。

 問題点は、それだけではありません。若干の差異があるものの、警察発表の情報に基づいて、一方的に悪意のある内容で書かれたためか、各社とも報道内容が酷似しています。

 各社の報道を総合すると、以下のような内容に集約できます。

・日本スポーツ振興センター(JSC)の職員が暴行を受けた
・場所は新国立競技場建設予定地
・傷害と公務執行妨害の疑いにより逮捕(毎日は「疑い」と書いていない)
・バリケードをたたきつけ、(全治1週間の)けがをさせた疑い
・被疑者は黙秘している
・ニュースソースが警視庁公安部であること

 しかし、これらの報道内容には重要な考察が抜け落ちています。

 まず、被疑事実とされている「傷害と公務執行妨害」については、日本スポーツ振興センター(JSC)の職員が全治1週間のけがをするほどの事件であれば、なぜ、現行犯で逮捕されなかったのでしょうか? 公務執行妨害罪は現行犯逮捕が原則で、事後に令状逮捕する場合でも、犯人に逃げられて現行犯で逮捕できなかった等のケースしか考えられません。報道では、犯行時刻とされている時間は7時50分ごろとなっていますが、Aさんは、その後も現場から逃亡などせずに、JSCの不当な排除のやり方に対して抗議を続けていました。
 さらに、公務を行っているとされているJSCは1月27日当日に、抗議に来ていた大勢の人がいる場所にクレーンを使ってバリケード降ろすなどの不法行為を行い、極めて危険かつ強行的な手段で抗議参加者に対して圧力をかけてきました。はたして、これを「公務」と呼んでいいのでしょうか。

 そのほかにも「建設予定地周辺で暮らす野宿者の支援をしている団体の中心メンバーとみられる」(毎日新聞)、「五輪の開催に反対し、新国立競技場の建設予定地内で暮らす野宿生活者を支援する有志として、JSCに対する抗議活動をしていた」(朝日新聞)といった記述や、「路上生活者は立ち退いておらず、一部工事が中断しているため、都やJSCは対応を見当」(東京新聞)など、Aさんの抗議行動によって、あたかもJSCが職務を妨げられたかのような内容が散見します。

 しかし、実際はそんな単純な話ではありません。JSCは、新国立競技場建設に際して「(野宿の方が)住んでいる間は、工事をしない」「話し合いで解決する」と様々な場で明言していました。そうした映像や音声の記録も残っています。
 それにも関わらず約束を一方的に反故にされたため、Aさんは話し合いの場を設定してほしいと主張していました。だから、工事が中断したのであれば、話し合いの場を設けないJSC側に原因があります。朝日新聞に書かれている「五輪の開催に反対」という文言は結果にすぎず、JSCが話し合いの場を設けていれば回避できたことです。

 また、東京新聞の記事では「路上生活者は立ち退いておらず、一部工事が中断」と書かれています。これは、大成建設が受注している「下水道千駄ヶ谷幹線敷設工事」のことだと思われます。しかし、同工事は昨年7月の新国立競技場白紙撤回後の契約変更や、直近の3月10日には入札手続きを中止するなど、工事の遅れは、あくまでもJSCの都合によるものです。「路上生活者」が立ち退いていないからではありません。

●マスメディアは事実を確認したのですか?
 そして、活字メディアの中でも特に酷い報道内容だったのが共同通信です。
 共同配信の記事構成をみると、まず、事件の概要(被疑事実や実名報道等)があり、次に、警視庁公安部によるAさんについての人物像の記述が続きます。

 さらに後半部分では、警視庁公安部からの伝聞という形で「東京五輪に反対するため、路上生活者に都やJSCの立ち退き要請を拒ませ、工事を妨害」との記述がなされています。しかし、Aさんが「路上生活者」に「立ち退き要請を拒」むように教唆したような事実はありません。

 共同通信は、きちんと裏付け取材をした上で報道したのでしょうか?
 同社からは、当事者である野宿の仲間や周辺関係者に対して、事前、事後ともに上記の内容についての取材はありませんでした。報道する者の職責として、入手した情報に対して、まず当事者に、当事者に裏取りできない場合は複数の関係者に当たる、というのが取材の鉄則のはずです。しかし、共同通信には残念ながら、そうした姿勢はみられませんでした。単に、警察当局の主張を流しただけです。

 共同通信は「編集綱領・記者活動の指針」を、自社のWebサイトに掲載しています(http://www.kyodonews.jp/company/guide.html)。
 この指針の「基本姿勢」では、「客観的事実に基づく公正な報道に徹し、多様な意見や価値観を尊重する」「社会的弱者の視点を大切にする」「粘り強い継続取材や調査報道、綿密な分析によって事象の本質に迫る」などと書かれています。
 「人権とプライバシー」という箇所では「厳密な事実確認を行い、名誉を棄損したりプライバシーを侵害したりしないよう細心の注意を払う」との文言が踊っています。
 上記の指針を遵守しているのであれば、公安警察の筋書きをそのままの形で、拙速に報道することなどできないはずです。

 共同通信はかつて、公安警察が主導し、大分県菅生村(現・竹田市)の交番を爆破した謀略事件(菅生事件)の実行犯(大分県警の警察官/当時)が、都内に潜伏している所を見つけ出しスクープしました。このとき、警察庁幹部と同社デスクの取引で、一部内容を伏せて報道されたため、納得できなかった取材班の原寿雄氏が、社会部長に公開質問状を出したり、職場集会に編集局長を招いて見解を聞くなどの行動に出て、正確な記事を再配信させています。
 今回の垂れ流し記事では、こうした記者としての気概や職業意識といった点が、すっぽり抜け落ちていると言わざるをえません。共同通信には、特に猛省を求めます。

   ◆   ◆   ◆

 警察発表の記事を、そのまま流すだけでは、「報道機関」ではなく「権力の広報機関」でしかありません。垂れ流しに関わったマスメディア各社には、今回の公権力の濫用といえる不当逮捕について、きちんと検証するよう要望します。





2016年3月23日水曜日

昨日3月22日Aさんが釈放をかちとりました!

オリンピックを理由とした明治公園の野宿者追い出しに対して闘っていた仲間の一人Aさんは、3月2日に不当逮捕され原宿署に勾留されていましたが、2度目の勾留満期である昨日3月22日午後2時ごろ「処分保留」として釈放され、元気一杯に私たちのもとに戻ってきました。
まず、3週間にもわたってAさんを勾留し続けた警察、検察、東京地裁に対し強く抗議します。 
Aさんは勾留の間中、黙秘、取り調べ拒否を貫き、「言うことをきかない」という理由で手足に拘束具をかけられて保護房にぶち込まれるというすさまじい拷問を受けました。
Aさんがそうした不当な弾圧に屈することなく一切の妥協をせずに闘い抜いたこと、Aさんを一日も早く取り戻そうとする野宿者たちの熱い思い、ほぼ連日接見してくださった弁護士の方々、そして絶えずAさんを励まし明治公園のたたかいに心を寄せてくださる皆さんの思いが一つになって、今回の釈放をかちとることができたと思います。
激励のメッセージ、そして救援カンパを寄せてくださり、ありがとうございました!少々お時間をいただきますが、会計が済み次第ご報告いたします。皆さんのご支援・ご協力に心から感謝いたします。

しかしJSC(日本スポーツ振興センター)は、自らが約束していた「話し合いでの解決」を拒み続けておいて、明治公園に暮らす野宿者の内3人を名指しで立退きを迫る仮処分を東京地裁に申請しました。強制排除のための手続きに踏み込んだのです。
野宿者に対する土地明渡断行仮処分など、前代未聞です。圧倒的な暴力を用いて人の生活と道理をつぶそうとするJSCのやり方を私たちは許すわけに行きません。
明日、3月24日(木)15時30分から、東京地裁429号法廷で仮処分の審尋が行なわれます。今後も皆さんのご注目をお願いします。
これからもともにたたかっていきましょう!

3月23日 オリンピックによる野宿者追い出しを許さない新国立競技場3.2弾圧救援会



明治公園のたたかいの状況は以下にて発信しています。ご注目をお願いいたします。

国立競技場周辺で暮らす野宿生活者を応援する有志ブログhttp://noolympicevict.wix.com/index#!blog/u1ok7

オリンピック追い出しヤメロ応援する有志ツイッターhttps://twitter.com/noolympicevict

2016年3月21日月曜日

2016.3.17(木) 勾留理由開示公判 Aさんの意見陳述

2016.3.17(木) 勾留理由開示公判 意見陳述
 

 

 私を逮捕し、いたずらに勾留を引き伸ばしているのは運動の破壊を狙った弾圧であることは明らかです。では何の運動なのかというところから意見陳述をはじめます。
 
 今回、被害を受けたとされる辻屋章という人物の所属する独立行政法人・日本スポーツ振興センターJSCが、オリンピックスタジアム、新国立競技場計画のため、明治公園に長年暮らす野宿住人に対し追い出しをかけ、そのJSCのやり方がおかしいだろという運動に2年半前から私は参加しています。
 直近でもJSCは「話し合いはしない」「工事はする」と強弁していますが、人が暮らしている所に重機などを持ち込み、工事を強行するのでしょうか?悪徳地上げ屋まっ青です。これらは既に強行され、それが事件とされている1月27日のことです。JSCは人が生活している居住地を重機と多数の人員を使い封鎖を強行しました。
 出入りをさせないということは監禁行為であり、仕事にも食料調達にも出れない封鎖は殺人行為に等しい業務です。それが1/27JSCによって組織的に強行されました。
 
 これらの不都合な事実を隠蔽し、追及をかわす目的で逮捕が使用されマスコミをも使い印象操作がなされました。逮捕当日、護送車を待ち受け脚立を立てカメラのフラッシュをたいていた数十名の報道陣は逮捕情報をどこから得たのでしょうか? 報道は一方的にJSCを利する主張を報じました。
 1/27のJSC明治公園封鎖強行で手詰まりをおこした工事計画を逮捕、その報道の混乱に乗じコトを手荒に進めようとした政治的弾圧に他なりません。運動員を隔離し運動を委縮させ、脅してJSCに都合の良い自主退去にもっていこうと運動破壊を狙った弾圧です。
 実際、明治公園現地では逮捕前の1ヶ月間は膠着状態が続き動きがなかったのが、3/2の逮捕後には工事施工業者の契約発覚、居住地へ向けた監視カメラの設置、生活通路の再封鎖策動と次々強行策がJSCにより実施されました。私個人としては檻に繫がれ、これらの抗議・抵抗活動に参加できず非常に悔しい思いをしました。それが弾圧の狙いでしょう。
 しかし外には様々な場で闘い、共に活動してきたしぶとい仲間がいる。1/27以降より鮮明となったJSCの横暴を知り新たに集まる仲間と運動は広がっている。
 こんな弾圧ではビクともしない。弾圧を強めれば運動は一層強固になっていくことは古くは成田空港建設の三里塚闘争で、また沖縄の辺野古新基地建設反対闘争を見れば明らかです。

 こんな不当逮捕で縛りつけるのは限界です。出たら当然、明治公園での追い出し反対運動に全力で再合流するわけですが、釈放を決めるは国家権力。このまま出さず、いたずらに牢屋に繋ぎ続けるのであれば起訴で裁判ということになる。今回、私の被疑事実とされているJSC職員の執行しようとしていた明治公園の封鎖が、公的機関の正当な公務の執行といえるのか? 適正であったのか? これが大前提になる。当然、JSCの担当者や責任者、当日いた施工業者、警備会社、警視庁警備部公安課の私服警官など証人として呼び出しみっちり尋問する必要がある。証人尋問では供述拒否や嘘は許されていません。
 JSCは1/27から今日3/17までの50日間、何一つ1/27当日の事実関係の問い合わせ、質問に対し回答から逃げ続けています。あろうことかJSCは質問に対し「組織として対応しないことになっている」と居直っています。公的機関であり、超大型の公共事業の発注者であり、公営賭博というべきスポーツ振興くじの事業者の立場にある者として、あるまじき問題発言です。かたくなに回答を拒むのは不都合な事実をなりふり構わず隠蔽しているようにうつります。
  信じ難いことですが、JSCはこの2年間だけでも官製談合の疑われる不正入札、140億円にのぼる不正会計、情報公開での文書改竄、不都合な見積りの情報隠匿など数々の不正が明らかになっている独立行政法人です。今回事件とされている1/27の明治公園封鎖強行は解決能力のないJSCが、稚拙な強行策をとり、引き起こされた事案です。JSCによる多数の法的瑕疵がありました。

 警察、検察を介入させ逮捕による運動潰しをもくろむJSCですが、何をやるにも杜撰、稚拙なJSCのこと、JSCは自ら墓穴を掘っていることを述べておきます。警察、検察はドロブネに乗っていることを伝えておきます。
  隠し立てのできない法廷でJSCの不正が明らかになれば超大型公共工事の新国立競技場計画の事業者としてJSCは適当なのかという話になります。計画がゴタつけば、オリンピックメイン会場が会期に間に合わない、2020東京オリンピックそのものの開催があやうくなる可能性があります。オリンピック事業で日本はひどいことを行なっていると当然、世界に向け仲間たちと情報発信をかけ大宣伝をかけます。
 検察の吉田純平(検事)は内閣府から呼び出され「余計なことをして」と叱られ、出世の道を絶たれることになります。ザマアミロです。

 また私は逮捕後、刑事検事の取り調べを拒否し、房からの出房を拒否しています。それに対し逮捕から3日目の3月4日、私は多数の留置担当官に制圧され保護房に放り込まれました。ベルト手錠でキツく両手首を縛り上げられました。ベルト手錠は手首にくいこみ激痛がはしる状態で、手首の血流もベルトで遮断され、指先の感覚が失われ、指先が動かせなくなり、指先が壊疽する可能性のある危険な状態で放置されました。手首の激痛を訴え、ベルト手錠を緩めるよう求めましたが、留置担当官より「うるさい、黙ってろ」と怒鳴られ放置されました。
  後日、取り調べを拒否する私に「また保護房に行くか?」と脅しをかけてきました。苦痛をもって服従させようという手法は「拷問」です。捜査留置分離の原則も破られ、警察権力が密室で暴力を強い屈服を強要してきていることに強く抗議します。

 私は国家権力によって檻に繫がれ拘束されている状態ですがワシらの仲間、貧乏し苦労し生きている仲間に、力づくで不都合を押しつけるのであれば、獄中であろうと、どういう状況であろうと、徹底的に闘い、争い、騒ぎにし、権力者の非道を世に暴きます。
  ワシらに手を出せばどうなるか、獄中、獄外と連携をとり徹底的に追及していくことをお伝えし意見陳述とさせてもらいます。

2016年3月20日日曜日

올림픽 때문에 노숙자를 쫓아내는 것을 용서하지 않는다. 신 국립경기장 3.2 탄압구원회 (新国立競技場3.2弾圧救援会声明 ハングル版)

올림픽 때문에 노숙자를 쫓아내는 것을 용서하지
않는다. 신 국립경기장 3.2 탄압구원회

2016년 3월2일 A씨의 부당체포에 항의한다.
3월 2일 오전 8시를 조금 지났을 무렵, 우리들과 함께 활동을 해왔던 동료 A씨를 길거리에서 갑자기 경찰 7-8명이 둘러싸고, 강제로 경찰차에 태워 연행하는 사건이 일어났습니다. 소위 영장체포라고 불리는 것입니다. 용의는 1월 27일의 신 국립 경기장건설예정지에서의 노숙자강제퇴거의 현장에서, JSC(일본 스포츠진흥센터)직원에게 상처를 입혔다는 것입니다. 그러나 이제까지의 신 국립경기장건설을 둘러싼 JSC와 메이지공원의 노숙자 당사자간의 교섭과정으로부터 보면, 이번 체포는 과도하게 사실경과를 무시한 것입니다. 1월 27일부터 1개월이 지난 시점에서 돌연 행해진 이번 체포는 문제를 지닌 신 국립경기장건설을 강행하기 위한 사회운동에 대한 탄압이라고 생각할 수밖에 없습니다.
우리들 [올림픽 때문에 노숙자를 쫓아내는 것을 용서하지 않는다. 신 국립경기장 3.2 탄압구원회]은, 이 부당한 체포・탄압에 대해 맞서 사회적인 진형을 조직하여 대항하여, A씨를 하루라도 빨리 되찾아 오도록 노력하겠습니다.


1월 27일에 일어난 일. 압도적인 폭력을 휘두른 것은 JSC입니다.
1월 27일 오전, JSC는 많은 수의 경찰관과 경비원을 동원해서 신 국립경기장의 건설예정지인 메이지 공원의 출입구를 봉쇄하려고 하였습니다. 타워 크레인으로 철파이프로 엮은 바리게이트를 들어올려 항의하는 노숙자나 지원자의 머리 위를 스쳐가듯이 설치를 강행하고, 또는, 출입구에 모인 우리들을 내쫓았습니다. JSC나 경비원・경찰관들에 의한 폭력이 행해지는 가운데, 상처를 입은 우리들의 지인/동료들도 몇 명이나 있습니다. 게다가 JSC의 직원이 구급상자를 갖고 달려와 우리들의 동료의 상처에 약을 발라주는 광경도 보였습니다.
애당초 JSC쪽이 먼저 폭력을 행사했으며, 가장 큰 폭력은 JSC에 의한 공원의 강제폐쇄입니다. 안에 사람이 살고 있음에도 불구하고, 또한 이제까지의 교섭을 파기하고, 갑자기 생활공간의 출입구를 봉쇄하려 했던 JSC의 졸렬하고 비인간적인 방식이 1월27일의 소동의 원인이라는 것은 틀림없습니다.
3월 2일의 A씨의 체포는, [공무집행방해]와 [상해]라는 용의가 사실무근일 뿐만 아니라, 1월 27일에 메이지 공원에서 JSC가 휘둘렀던 폭력과 거짓말을 은폐하고 돌변했다는 것을 의미하는 용인하기 힘든 것입니다.


내쫓는 게 아니라 대화를! 우리들은 줄곧 요구해왔습니다.

이제까지 JSC는, 공원 내 노숙생활을 해온 사람들의 요구에 응해서 교섭을 계속해왔습니다. 그리고, [살고 있는 사람이 있는 동안에는 생활에 영향을 주는 공사는 하지 않는다], [대화로 해결한다]고 약속해왔습니다. 그럼에도 불구하고 1월27일, JSC는 메이지 공원을 강제 봉쇄하려고 하고, 노숙자・지원자의 필사적인 항의에 의해 그것이 저지당한 이후에도, 2월5일에는 다시 경찰관을 동원해서 출입구를 폐쇄하려고 하였습니다. 사소한 것이라도 공사에 방해가 되는 것은 인간이든 뭐든 간에 배제한다는 자세입니다.
 그러나 우리들은, JSC가 거칠 것 없이 내쫓으려고 했던 1월 27일 이후에도, 대화로 해결할 것을 요구하는 활동을 해왔습니다. 2월 17일이에는, JSC직원이 메이지 공원에 찾아와서, 30분 정도 대화를 하고, [사람이 사는 동안에는 공사는 못한다, 하지 않는다] 라는 것을 다시금 확인했습니다.
A씨가 체포된 3월2일은, 우리들이 1월 27일의 위험한 공사나 2월 5일의 강제봉쇄의 법적 근거 등을 JSC에게 확인하고 싶은 것을 간추린 질문서의 회답기한이었습니다. 이에 대한 회답이 이번 체포 인 것입니까? 노숙자에 대해서라면 약속도 확인도 지킬 필요는 없다라는 것입니까?
이번 A씨의 체포는, 당사자와 지원자를 힘으로 분단시키는 것에 의해서, 이제까지의 교섭의 프로세스를 짓밟는 것입니다. 이번 체포 건을 접한 공원에 사는 노숙당사자들은 [이러한 방식으론, 나갈 리가 없다]고 분노했습니다. 우리들은 계속해서 JSC에 대화를 요구해 갈 것입니다
.

A씨를 하루라도 빨리 되찾아오기 위해, 많은 분들의 연대와 지원을!

우리들은 3월 2일의 A씨의 체포를 JSC와 경찰이 한패가 된 형태로의 사회운동에 대한 탄압이며, 노숙자퇴거의 일환으로서의 탄압이라고 생각합니다. 매스컴을 대량동원 해서 본보기로 A씨를 체포한 것을 절대 용서할 수 없습니다. JSC가 1월 27일에 메이지 공원에서 행한 것은, 여러 개의 동영상이 업로드 되어 있으니까 꼭 봐주셨으면 합니다.
이번 부당 체포의 용의 중 하나는 [공무집행방해]입니다. 이는 JSC의 직원이 공무원이라고 간주되는 것을 나타냅니다. 법적 근거를 제시 할 수 없는데, 과연 공무라고 말할 수 있는 것일까요?
이번 탄압으로 인해, 다시 한 번 신 국립경기장을 건설하는 주체인 JSC에 관심이 쏠리고 있습니다.  이번 사태야 말로, JSC의 행태를 백일 하에 드러내고, 가난한 자를 더욱더 궁지에 몰아넣으려는 권력자들을 대중적으로 포위해 가는 중요한 계기라고 생각합니다. 경찰서에 구금되어있는 A씨도 의견을 같이하며, 묵비권을 행사하며 열심히 버티고 있습니다.
이번 체포는, 법률・경찰권력의 남용임과 동시에, 인권침해 없이는 계획이 진행되지 않는 JSC・신 국립경기장의 존재 양태, 이에 대한 문제입니다. 사회의 모순이 가장 응축 된 가운데 살아가는 노숙자에 대해서, 국책으로서의 올림픽을 위해서 일방적으로 내쫓는 JSC에 대한 광범위한 사회적 비판을 만들어갑시다. 그리고 A씨의 조속한 탈환을, 실현해보려 하지 않으시겠습니까?
작성: 올림픽 때문에 노숙자를 쫓아내는 것을 용서하지 않는다 신 국립경기장 3・2탄압 구원회
2016년 3월 4일


【구원 지원금】조금이라도 A씨를 빨리 되찾아오기 위해서 지원과 연대를 부탁 드립니다.
 

2016年3月19日土曜日

新国立競技場3.2弾圧 Aさんの勾留理由開示公判が開かれました(3月17日)

 3月17日(木)午後14時半、東京地裁430号法廷にて、新国立競技場3.2弾圧 Aさんの勾留理由開示公判が開かれました。
 逮捕の翌日3月3日に10日間の勾留、3月11日にさらに10日間の勾留延長がつけられてしまったAさん。不当な長期勾留を易々と認めた裁判官にその理由を問いただす(求釈明)公判です。Aさん本人が出廷し意見を述べるとあって、明治公園現地の住人はもちろん、各地から野宿の方々や応援する有志が大勢駆けつけました。
 
 
 公判に先立ち、地裁前に「オリンピックおいだしヤメロ」の横断幕をバーンと掲げビラまきとマイク情宣。不当逮捕への抗議、明治公園で起こっていること、JSC(日本スポーツ振興センター)がすすめる新国立競技場計画の問題について訴えました。野宿の方々も次々とマイクを持ち、「Aさんがんばってください!」「排除の祭典オリンピックなんかやめちまえ!」「俺たち野宿者は『仲間の命は仲間で守る』、Aは俺たちが守るぞ!」などなど熱い激励が飛ぶ。
14時10分、傍聴券配布、抽選。430号法廷はいわゆる警備法廷で傍聴席がたったの20しかありません。これに対し傍聴希望者は60名強。やむなく当たり傍聴券をゆずってくださるよう呼びかけ、明治公園の住人全員と救援会メンバー数名が傍聴することができました。ゆずってくださった方々に感謝します。

 公判は約2時間に及びました。弁護士2名からの具体的かつ細部に及ぶ求釈明に、「釈明いたしません。」「お答えしません。」「回答しません。」終始ピリピリの中山登裁判官。ダンマリを決め込む検察官。
 そして、久しぶりのAさん。とても元気そう、リラックスしていつもの感じ、終始ニコニコ、うれしそう、照れくさそう。明治公園の住人の感想「元気そうで安心した。手を伸ばせば届きそうで、連れて帰りたかったよ~」
 途中、退廷をくらった人が7名、そのたびに一人ひとりに「ありがとう!」とAさん。意見陳述もしっかりとした口調で15分、話し終えると同時に激励、称賛の嵐となり全員に退廷命令。裁判所職員がどどっと流れ込んできて大荒れのなか、Aさんも腕をふりあげ呼応、笑顔で法廷から引き摺り出されていきました。変わらぬAさんの様子に逆に元気をもらいました。


 
 法廷に入りきれなかった人たちはそのかん、外にもみんな来ていることを少しでも伝えようと、4F法廷のドア近くでバリケードを張る裁判所職員らの頭ごしに声援を送り続け、裁判所外では遅れて応援に駆けつけた人たちで新たな横断幕やダンボール抗議看板を次々とつくりアピール。持参したビラもすべて撒ききる。


 

 公判終了後はひきつづき地裁前で報告集会、そしてAさんといえばメシ、「どこでもメシをつくらせろ」ということで炊き出し敢行!カレーで腹を満たしました。50食完食。


 

 求釈明の内容、そして、徹底的にJSCに物申す注目のAさん意見陳述は別途、ご紹介する予定です。